ダイエット全般

スキニーファットの意味って?食べないダイエットをした結果なの?

スキニーファットって何か知ってる?スキニーファットは、細~いのに実は脂肪が多い体形の人の事です。

筋肉が少なくて脂肪が多い。なのに見た目は痩せている。食べないダイエットなど、無理に体重を落とすと、スキニーファット化する危険性大!

スキニーファットの意味

スキニーファットは「筋肉が少なくて脂肪が多い」

スキニーファットは、食べないダイエットの弊害です。

無理なダイエット(食べないダイエットや単品ダイエット)を続けると、スキニーファットになってしまう事が多いです。

  • スキニー(skinny):痩せている
  • ファット(fat):太っている

相反する単語で表現される、スキニーファットは、「見た目は細いけど実は筋肉が少なくて脂肪が多い体型の人」のことを指します。一見すると細くてスラリとした人でも、体のパーツごとに見てみると、二の腕がブヨブヨしていたり、下腹がプヨッていたり。体幹が弱いことが多く、猫背の人が多いのもスキニーファットの特徴です。

無理なダイエットで急激に痩せた人のほとんどは、こういう「痩せているけどだらしない」体形になってしまいます。

私自身、「食べないダイエットでリバウンドを繰り返した経験がありますし、私の周りにも無理なダイエットでスキニーファット化している人が何人もいます。

スキニーファットは基礎代謝がやたらと低い

食べないダイエットをすると、体が危機感を感じて省エネモードに突入!少ないエネルギーでも生命を維持できるように、基礎代謝量を減らします。基礎代謝ってバカにできないんですよ。たった50kcal、基礎代謝が上がるだけでダイエット効果は跳ね上がるんですから。

スキニーファットは疲れやすい・ケガしやすい

食べないダイエットで栄養が偏り、非常に疲れやすい体質になります。貧血を起こしたり、血圧に異常をきたしたり。そりゃ食べなければ痩せます。体重は減ります。でも、減るのは脂肪ではなくて筋肉がまず落ちます。食べないダイエットで3kg減量したら、ほとんど3kgの筋肉が減ったと思って間違いないと私は思う。

そして、食べない人は、ケガや故障が多い!しっかりと計画的に糖質を制限するなら良いですが、何が何でも炭水化物を抜く!だとか、意味がわかりません。

スキニーファットはすぐリバウンドする

食べないダイエットで体重を落とすと、元の食事に戻した途端にリバウンドします。基礎代謝が低下していることに加えて、体がスポンジの様に栄養を全て取り込もうとするんです。

しかも、食べないダイエットを開始してすぐ、一番減るのは体の中の水分。食べれば一気に戻ります。食べたものがすぐに脂肪になるのではなく、体脂肪として蓄積しやすい身体になってしまうんですよね。

太るから食べたくないという心理

たぶん、食べないダイエットをしている人も、頭ではわかっていると思うんですよ。「しっかり食べながら痩せるのが理想」だということも。でも、食べたくないんですよね、食べると太ると思い込んでるから。実際、食べれば食べた分だけ体が重くなるのは事実です。太ってしまった感じがしてしまうので、食べたくないという気持ちも理解できます。

体重や体脂肪率に一喜一憂したくない。そうは思っても、やはり体重計の数値が増えていると、怖くなるんですよね。昔の私は、怖さに負けて「食べないダイエット」で、リバウンドを何度も繰り返していました。

今でこそ、食べないダイエットの弊害を理解するようになりましたが。

食べないダイエットでスキニーファット化した父の話

ここで私の父の話をお伝えしましょう。私の実父、ダイエットを始めたんですよ。私がダイエットに成功したのを見て、「自分も痩せよう」と思ったらしくて。ダイエットを開始してから、父は白米を食べなくなったんですよね。我慢しているんです。白米=糖質、糖質を摂ると太るという思考です。

1日に30分以上の運動(有酸素運動)も始めた父は、体重が順調に減り始めました。

しかし、1カ月で3kgぐらい体重が減ったものの、見た目がまったく変わっていません。いや、見た目は悪く変化したかもしれません。足の筋肉が落ちたのか、細くなっているように感じますし、覇気が感じられず猫背です。

父は完全にスキニーファット化してしまいました。

体重:- 3kg

体脂肪率:+ 3%

内蔵脂肪:+2

 

●減ったのは体重だけ

●体脂肪率は増加してしまった

●内臓脂肪も増加してしまった

 

「ダイエットしてるのに、なぜ体脂肪率が減らないんだ!?」と、父が私に聞いてきました。

 

私:
太るから食べたくないという心理が根底にあるのが原因では?やみくもに摂取カロリーだけを抑えると、よくありがちなパターンやね。炭水化物を我慢したり、食事量を減らすのはダイエットの基本かもしれないけど、タンパク質はちゃんと摂ってる?脂質を必要以上に摂取してない?

 

父:
食べたら体重が増えるから、食事を抑えている。タンパク質って何を食べればいいんだ?脂質?肉はいくら食べてもいいのでは?

 

私:
あのね。特に高齢者は、しっかりと栄養素をバランス良く摂取しないとあかんのよ。炭水化物は必要最低限は食べるようにして、肉や魚は脂質の少ないものを選ぶようにしてみて。干物はEPAやDHAなど、認知症の予防に効果的と言われている不飽和脂肪酸が酸化しやすいから、あまりオススメではないよ。

食べるなら、”良質のタンパク質を含む食材”を選んでみて。

 

●カツオ
●マグロ
●牛ヒレ(赤身)
●豚ヒレ(赤身)
●鶏胸肉
●鶏ささみ

これらの食材を中心に、偏ることなく、野菜もたくさん食べるように。一番大切なのは、タンパク質。タンパク質をしっかり摂取するのは絶対に必要。食べるものを変えれば、1カ月後には体が変わってくるよ。体重の減少以上に、引き締まってくるから!

このまま、無理なダイエットを続けると、完全にスキニーファットになってしまうよ。

///

理解したのかしてないのか。以前にもこの話はしたはずだよね(笑

ダイエットって、本気で自分の体を変えようと思わない限り、他人の言うことなんて、右から左なのかもしれない。言うだけ無駄だったかも。

 

最後にもう一度書いておきますが、食べないダイエットなんて、いますぐ辞めた方がいいと思う。スキニーファットになりたくなければ、しっかり食べてしっかり痩せましょう!

モチベーション維持にSNSやってます

顔さすので、リアル友とは絡んでいません。